世界四つの主なる自動販売協会NAMA、EVA、JVMA、ANEDAが2016北京自動販売展示会に支持を


 「2016年9月21日上海」2016年北京自動販売機及びオフィスコーヒーサービス展示会は2016年11月16-18日にかけて北京中国国際展示センター順義新館にて開かれます。今回の展示会は世界中四つの主なる自動販売協会、即ち米国自動販売協会(NAMA)、ヨーロッパ自動販売協会(NAMA)、日本自動販売機工業会(JVMA)、スペイン自動販売協会(ANEDA)の支持を得ました。なお、NAMA、EVA及びANEDAは公式支持状をくださいました。その要は下記の通り: 

 アメリカ自動販売協会(NAMA)の副総裁リネ・ジュレエル(LyNaeSchleyer)は:「米国自動販売協会(NAMA)は……年売上420億ドルを超えた米国自動販売、コーヒーサービス、マイクロマーケット業を代表しております……1100社あまりの会社会員があり、そのうち多くのが世界知名ブランドです……今回は米国自動販売協会(NAMA)の代表者として、中国国際自動販売機及びオフィスコーヒーサービス展に来たことは有難いと思います。お互いの交流を期待し、最新なテクノロジー、トレンド、製品を見習うことも望みです。最新技術、トレンド、製品を見習いと同時に、皆様とのコミュニケーションを期待しております。皆様は是非この中国国際自動販売機及びオフィスコーヒーサービス展で出展した商品と討論活動をお活かしください……社交活動であイデアを分かち合うことと、それを実践することこそこの行業で成功する鍵だと思います。中国国際自動販売機展で社交関係を築くことも、皆様にとって最も大事なことではありませんか。」と。

 ヨーロッパ自動販売協会(EVA)理事長(エルヴィン・ヴェーゼル):「ヨーロッパ自動販売協会(EVA)の狙いとは、ヨーロッパ自動販売産業の発展を促進だけではなく、世界中各パートナーとの関係を深め、築くことも重要です。今中国自動販売市場は高速発展しているども、まだ可能性があります。その為、北京食品博覧会との協力を通じて、自動販売及びオフィスコーヒーサービスはもっと人気になり、中国の消費者様の求めている便利、楽しみなどを満足することも以前より出来るのでしょう。本人としては今年の展示会へ参加できることに喜んでいます。自分の知る限りでは、今回の展示会はとっても面白く、専門的なのです。自動販売産業への認識を深めたい、新たなビジネスチャンスを掴みたい、そういう方に対しこの展示会は最優先の選択かもしれんません。」と。

 スペイン自動販売協会(ANEDA)会長ロール・ルビオ(Raul・Rubio)は:「スペイン自動販売協会(ANEDA)として、中国北京国際自動販売機及びオフィスコーヒーサービス展示会の組織する方、及び観客様に、挨拶を申し上げたいと思います。我々の組織の目的の主旨の一つとは、国内の自動販売産業の専門化を進め、その同時にいつも通り我々を応援する国際パートナーとの協力を保ち、経験と新プロジェクトを分かち合うことです。私たちは北京自動販売展示会を喜んで支持します。この快速発展しているアジア国の市場とよりよい関係を築くことは間違いもなくいいチャンスだと思います。展示会は私たちの業務を開拓することに大きな影響があります。この分野で勉強、発展する必要なルートだと思います。」と。

 上記の協会のリーダーたちはその時現場に行って展示会を参加し、同時に行なう「世界自動販売サミット」で講演する予定です。中国の自動販売業界のリーダーたちとコミュニケーションをして、協力チャンスを探し、自動販売産業の未来の道筋を検討します。

上記の四つの協会は既に会員たちに北京へ参観調達の勧めを知らせました。
 

WeChatでフォロー

電話:+86-21-67000301, 37793743

メール: alexchen@vendingshow.com

スカイプ: chinavendingshow

住所:上海市諸光路1988号国家会議展示センター8号門A棟5階

Copyright © 2017 Shanghai WeShow Events Ltd. All Rights Reserved.